ネットの世界はとても便利だし、無料のサービスまであったりします。
例えば出会いのための、愛人募集掲示板などもあります。
同僚曰く、このタイプの掲示板は利用してはいけないと言うのです。
「無料の掲示板ってたくさんあるじゃない。パパ募集掲示板とか愛人募集掲示板とか」
「うん、登録しなくていいし、完全無料でしょう。人もたくさんいて出会いやすいんじゃ?」
「ほとんどの人が、そう考えちゃうんだよね。すごく気軽で、相手探しができるって」
「間違ってるの?」
「それが全然間違っているの。私もお金が欲しいから最初は愛人募集掲示板で募集を始めてみたの」
とても気軽に思える愛人募集掲示板、実際に投稿したらたくさんメールがやってきたと話し出しました。
あっと言う間に100通ぐらいのメールが届くくらい、利用者がいるようです。
こんなたくさんのメールがあるから、優しいパパを発見できると思ったようです。
「楽しみにメールを開いてみたんだけどさぁ…これ最悪」
「どんな感じだったの?」
「だって食事パパを募集したのにさ、セフレになりたいとか割り切りの申し込みとかばかり」
自分が希望していない内容のメールが、とにかくたくさん届いたようです。
「エッチしたいっていうのはとにかく多いね。初体験させて欲しいとか、無料通話アプリで見せ合いしようとか、意味が分かんなかった」
体を求めない男性を探すため、それでも愛人募集掲示板を使ったようでした。
「やっとご飯だけだお小遣い出すっていう人が出てきてね、楽しみに出かけていったんだけど、こいつが詐欺師だったの」
肉体関係なしの約束なのに、ラブホテルに入ろうと誘われてしまったようです。
「頭にきて、すぐに立ち去っちゃった」
匿名性が高いような誰でも使える愛人募集掲示板は、安全性が低いことがよくわかったようでした。